2014年の出来事まとめ

三十路を迎えたこの年、本当に色々なことを始め、色々なことがあったのでまとめておこうと思います。
結局ほとんどブログ書かなかったなあと反省しつつ。

■ 今年あったこと・始めたこと

● きのこたけのこ判別機

きのこたけのこ判別器 MFT

一年で一番大きな出来事はこれを作ったこと。っていうかかなりの時間をこれの展示とか対応に費やした気がします。去年・今年のNT京都・NT名古屋ではまともに動かないものばかり展示していたけど、3月末にニコつくのプレス向け展示会で動いてからはそれがまた次の機会につながり、いろいろなイベントで展示したり、いろいろなメディアに取り上げていただきました。

元旦にTwitterのコメント拾う番組でたまたま拾われて名前が出たんですが、それで「今年はテレビとか出られるかもなー」とか冗談で言ってたら、ニコラジに始まり本当にテレビにも出ることになりました。人生何が起こるかわかりませんね。

イベント: ニコつくプレス向け展示会、ニコニコ超会議(ニコつく)、EngadgetFes、NT金沢、週アスLive!、Maker Faire Tokyo 2014
メディア: ネットラジオ(ニコラジ)、Web記事(多数)、テレビ(ニュース番組いくつか)、新聞(夕刊のコラム)、(ラジオ取材のみ)

● 勉強会、旅行

じゃこカツ

展示イベント含め、今年は各地のイベントや勉強会に参加するため結構遠くに行ってひとり旅行気分を味わいました。あと、普通の旅行として後輩にあっちこっちに連れて行ってもらいました。特にプロ生参加しに松山行ったのは、初めて一人で飛行機乗って楽しかったです。旅先で食べた「じゃこカツ」は多分人生で食べたものの中で3本に入るくらいうまかった。

ただ、他のイベントとかぶっていたり法事と重なったりで年の後半はあんまり遠くに行けなかったのは残念。

勉強会: NT京都、プロ生松山、NT京都
旅行 : 上諏訪(雪で帰れなくなる)、和歌山(那智山で食べた「めはり寿司」がうまかった)

● 聖地巡礼

ハナヤマタ500

今年はハナヤマタにハマり、イベントや聖地巡礼しに行きました。江ノ島なんて一生行くことないと思ってたけど、いざ行ってみると楽しい。最初はFIAT見に行って江ノ島回って写真撮ったりビール飲んだり。次はスタンプラリーで江ノ電の各駅をまわり、一人で一日だらだら回りながら写真撮ったり、ビール飲んだり、魚食べたり、ビール飲んだり。また暖かくなったら行きたい。

● 日記、万年筆

日記2014

結婚式の招待状の返信を万年筆で書いたのがきっかけで、かなり万年筆にハマりました。ただ、買っても文字書くことって日常生活で殆ど無いので乾いてしまう。というわけで、ペン先を乾かさないために日記を書くことにしました。ただブログさえ書けない自分がまともな日記を書けるはずがないので、一言程度で。数年前に買ったモレスキンのダイアリ(安売り品)の曜日を書き換えながらちょこちょこと。イベントが多かった3月から2、3ヶ月位ぬけちゃったけど、まあそれなりには書けたかなと。日記を続けてみてよかったのが、見た映画と食べたものと行った店の記録が残ること。意外と覚えてないもので。来年分は新品のモレスキンウィークダイアリーを用意したので続けていきたいです。

● 登山

富士山2014

登山を始めました。

春の高尾山ハイキングに始まり、富士登山、奥多摩の高水三山登山と回数は少ないですが後者2つはちゃんと装備を揃えて。高水三山はひとりで登り、苦しかったけども楽しかったです(クマ?的な影にビビって足をやられましたが…)。

富士登山は日記にも書きましたが、初めてのことづくしでとても感動しました。

数少ない体を動かす趣味なので、無理しない程度に続けていきたいです。

● 映画

今年は映画館で映画を36本見ました。気づいたら結構な趣味になってました。去年はだいたい12本くらい。アニメとアクションが多いですが、SFとかちょっとだけ邦画とか回数が増えるとだんだん色々なものを見るようになりました。

数年前までは映画って高いし2時間も拘束されるしであまり好きじゃなく、アニメくらいしか見に行きませんでした。ストリーミングでアクション映画をちょっと見始めたのと、近くの映画館が安くなったことをきっかけに会社帰りに行き始め、完全に映画に対する苦手感がなくなりました。いざ見続けると、新宿池袋あたりにも結構通うように。

特に12月最後に見た3本「チェイス!」「インターステラー」「ベイマックス」は本当に良かった。

来年は本数見ることよりも、いろいろな種類の映画を見て行こうかなと。あと映画祭も行ってみたいです。

● 一人飲み

一人でお店入るのがすごく苦手なんですが、前述のように一人で旅先に行くことも増えたこと(と、あと多分孤独のグルメの影響)もあり今年は一人で結構入るようになりました。おっさんになったなあという印象。普通の飲食店でもビール頼むし、居酒屋にも通うようになったし。まあ一人よりも複数人で飲んだほうが楽しいのは間違いないけど、一人でゆっくり飲むのもいいよねえ。

■ 来年の目標

● モデリング・CAD

3DCGは過去何度も挫折した(というか途中で飽きた)ので、目標を持って取り組みたい。Unity+OculusRiftの開発もできる環境が整ってきたし、モデリングができることはちょっとしたコンテンツ作るためにも大事かなと。あと3Dプリンタで物作るためにもCAD的な面で慣れていかないとなー。

● アニメーション

ゲームのためにスプライトアニメーション(特にリグ付き)を覚えたいです。

ていうかゲームを来年こそは…

● ブログ

来年こそは…来年こそは…

今年は例年以上にいろいろなことがありましたが、それと同時にいろいろな分野の多くの方に出会うことができました。お付き合いいただきありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

Filed under: イベント,日記 — kirin 16:03  Comments (0)

【過去イベント記録】3/20(木)ニコラジ出演

3/20(木)のニコラジにゲスト出演しました。

ニコラジとは、やまだひさしさんパーソナリティのniconico公式のネット番組です。
毎週月~金の22時から放送しています。

だいたいゲストを囲んでいろいろな話をするわけですが、この週は「才能マシマシWeek」で、
技術系作品を作っている人がゲストでした。

火曜日は「Mikulus」や「MikuMikuAkushu」の作者として有名なGOROManさん、
水曜日はプロ棋士に勝った将棋ソフト「Ponanza」の開発者、山本一成さん。
そして、おそれ多くも3人目のゲストとして木曜日に出演させていただきました。

↓当日の放送(期限切れ)

 

当日は、今まで作ったものの紹介や作るに至った経緯、自分にとってもの作りがどういう
ものなのかをお話ししました。

紹介したもの:
 ・必ず6が出るサイコロ
 ・みなぎるドットマトリクス
 ・⑨mm立体はちゅね
 ・ニコ生のコメントが弾幕になるゲーム → NicoDan!!

あまり喋るのは得意ではないんですが、やまだひさしさんやさつきがてんこもりさんの
絶妙な話題引き出し術のおかげで楽しく話をすることが出来ました。
(喋りすぎたせいか、「このきりんさんは偽物なのでは?」と言われた)

勉強会のセッション以外ではあまり人前で喋ることがないのですごく緊張しましたが、
人と喋ることで自分が何で作品作ってるのかを再認識することができました。

最後に、2日後のNT京都を紹介しておきました。
(準備ができていなかったので内心焦っていた)

ちなみに、きのこたけのこ判別器は大人の事情で紹介できませんでした…
 

ニコラジといえば5月病マリオさん・せらさんのライブ似顔絵!
自分も5月病マリオさんに似顔絵を描いてもらいました!感激!

mario

 

Filed under: イベント — kirin 16:53  Comments (0)

【過去イベント記録】 3/15(土) 大学サークルの勉強会

■ 過去に参加・開催したイベントについて

前にも書いたけど、今年はいろいろな展示や勉強会に参加したので記事にしていこうと思います。

ブログが続かないのはネタがないわけではなく、一度書かないとどんどん溜まっていくのが原因
なので、一気に書いとこうかなと。
 
 

■ 時は『大勉強会時代』

今年の3/15(土)に大学のサークルOB中心の勉強会を開催しました。

学生時代はいわゆるロボ研に所属していて、部内で講座形式の勉強会は結構やっていました。
卒業してからも「卒業してからも能動的な勉強はしたほうがいいよな」ということで、
「ゆるい」をモットーにプレゼン形式の勉強会を開催することにしました。
半年に一回やっていて、今年の3月で5回目です。

在学生も参加しますが、OBが多いのでOB会も兼ねてます。
というか勉強会という名目で打ち上げで酒を飲むのが主たる目的。

(内輪すぎるので発表内容のレポートはありません)
 
 

■ 勉強会の内容

  • いわゆるプレゼン大会形式の勉強会。5~20分の発表後、質疑応答
  • 場所は主に公民館。プロジェクタやPC、機材は自前で用意
  • 参加は自由、発表したい人はスケジュール立てるために事前申告
  • テーマはロボット・ITに関連することならなんでもよし
    — ソフト、ハード、自分の仕事の紹介、作ったもの自慢など
  • 当日現地に来れない人から要望があればUstreamで鍵付きでプライベート配信
  • 場所の確保やスケジューリング、打ち上げの予約は基本ローテーション
    (ただし公民館をおさえる都合上、現状は近くの人に頼っている)
     
     

■ うちの勉強会のメリットだと思うところ

気の知れた人間同士でやる勉強会では、参加者公募型の勉強会と違う点が結構あります。
あくまでゆるい感じでやっているうちの勉強会のことについてです。
厳しくやっているところでは当てはまらないと思います。
 

● 発表が気楽

知り合いばかりなので、緊張することなく発表の練習ができます。

初めて勉強会で発表する人はたいてい緊張するもんです。自分もそうだったし、今でもそうです。
緊張しすぎて発表にならないこともままあります。

今やっている勉強会だとそういうのがほとんどありません。
その人の発表のうまさ(や下手さ)がそのまま見えます。

「こいつ普段話つまらないし下手そうだな・・・」と思ってた人がめちゃくちゃうまかったり、
逆に「こいつ普段よくしゃべるしそれなりにやりそうだな」と思ってた人が聞くに堪えない
発表したりします。

人前で喋れることまで含めてのプレゼンスキルだとは思いますが、会社や所属コミュニティで
行うための練習にはなっているかなと思います。
 

● 質疑応答が異様に盛り上がる

うちの場合ですが、聞くほうも気楽なのか、質疑応答が盛り上がりかなり長いです。
回答者も、知らない怖い人からマサカリを投げられない1ので回答もオドオドせずにすみます。
もちろん知っている怖い人からマサカリを投げられることはありますが。
 
 

■ うちの勉強会のデメリットだと思うところ

● 緊張感がない

メリットというものは裏返せばデメリットでもあるもので、気楽すぎて緊張感がありません。
だらだらします。

進行の問題でもありますが、かといってあまりきつくしすぎるとゆるくないので線引きが難しいです。
 

● 人の広がりがない

知り合い同士でやる勉強会なので、新しい出会いがありません。
せいぜい話をしたことない先輩と後輩が出会うくらいです。

個人的には、知らない人と会うことは外の勉強会に参加するひとつのメリットだと思っています。
ロボ研は学外試合が結構あるので他校とのつながりは結構あるほうだと思うんですが、社会人に
なって活動しなくなるとそういうのがなくなってしまうので、現状のゆるい勉強会は維持しつつも
別途なんか機会を作れないかなーとは思っています。

その気がないのに人前に晒すのはおせっかい以外の何物でもないですが、知識も技術も自信もあって
褒めてもらいたいのに内輪にばかり自慢を向けて空回りしている奴になんか手を差し出してあげたい。
 
 

だらだら書いてしまいましたが、結局は勉強会という名目でお酒を飲みたいというのが動機。
自分の好きな事や趣味を肴にして呑めるというのは楽しいもんです。
 
 

■ おまけ

cake
seeker16くんの誕生日だったので不知火ケーキを差し上げた。
キャラチョコと大破チョコは手作り(きたないけど)
 
 


  1. マサカリを投げる → 勉強会などで間違った内容を指摘すること 
Filed under: イベント — kirin 23:47  Comments (0)